AGA治療安い

\AGA治療のおすすめ第1位/

トップページ > 東京都 > 新宿区

「AGA治療してみたいけど、本当に効果があるのか不安。」

そんなお悩みを抱えていませんか?

当サイトでは、新宿区周辺で病院を探されている方に、AGA治療に実績のあるおすすめのAGA専門クリニックをご案内しています。

「育毛剤を使っても、毎日の食生活を気にしても、ほとんど効果が感じられない…」

そのようにお感じになったことはないですか?

その薄毛の原因、AGAの可能性があります。

薄毛を治療するためには、自分の薄毛の原因がAGAか否かを専門的に確認する必要があります。

そのためにまずは、信頼と実績のあるAGA治療専門のAGAクリニックで診断を受けることが重要です。

薄毛や抜け毛が気になる人にとって、「AGA」という単語はよく耳にする言葉かと思いますが、そもそも、AGAとは何かご存知ですか?

AGAは、Androgenetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」という意味の脱毛要因の一つです。

男性ホルモン(テストステロン)が還元酵素(5αリアクターゼ)と反応してできた「5αディハイドテストステロン」の働きによって毛母細胞の活力が低下していく症状のことを男性型脱毛症(AGA)と呼びます。

AGAによる薄毛のパターンは、

  • 生え際(おでこ、M字)から後退するタイプ
  • 頭頂部(つむじ、O字)から進行するタイプ
  • 全体的にうっすらと進行するタイプ

等があります。

AGA以外の薄毛要因は、脂漏性脱毛症、粃糠性脱毛症、円形脱毛症などがあり、これらの症状にはAGA治療を施しても効果が期待できません。

そのため、薄毛に悩んでいる方が最初に行うべきことは、ご自身の薄毛の原因がAGAか否かを判別するために、まずAGA治療専門の病院に行って専門のお医者さんに相談してみることなのです。

一人で悩んでいても何も解決しません。悩んでいる間にもどんどんと薄毛は進行していきます。

薄毛対策はスピード勝負です。完全にハゲてしまってからでは元のフサフサに戻すのはとても困難です。

カウンセリングは完全無料ですので、できるだけ早めに無料相談を行い、薄毛対策を立てるべきです。

以下で信頼と実績のあるおすすめのAGAクリニックを厳選しましたので、まずはこちらでの早めの無料相談をおすすめします。

薄毛でお悩みの方におすすめ
\AGAクリニックランキング/

月額3,400円から手軽に始めるAGA治療!
評価カウンセリング店舗
★★★★★無料全国49院
  • 発毛実感率99.4%
  • 通える!全国に49院も
  • 高品質・高濃度のオリジナル治療薬

【発毛効果をより一層高めることを可能に】
AGAクリニックの「AGAのメソセラピー」は有効成分を直接頭皮に注入することで、発毛効果をより一層高めることを可能にしたAGA治療です。痛みを感じることなく治療をすることが可能です。

【オリジナル発毛薬で発毛促進】
内服薬で体の内側から発毛しやすい環境を整えると同時に、外用薬で直接毛根に発毛促進を働きかけます。


低価格で効果抜群のAGAクリニック!
評価カウンセリング店舗
★★★★☆無料新橋の本院のみ
  • 育毛メソセラピーが1回2万円以下
  • 一人ひとりにあわせた治療法を提案

【安心して通える治療費設定】
どれだけ効果のある治療であっても継続的に続けていく事が出来なければ意味がないというクリニックの行動指針の元、患者の負担を理解し安心して通える治療費設定となっています。

【明朗な情報開示】
効果・費用・副作用など、治療を行うにあたって不安や心配なこと等、ホームページや診療を通じて正しい情報を積極的に提供しています。


1年間の来院者数100万人超!
評価カウンセリング店舗
★★★★☆無料72院
  • 症例件数が多い
  • プロペシアが安い

【治療後1か月で効果を実感】
新治療ダブルマトリックスは、1回の治療、1ヵ月で効果を実感することができるAGA治療の概念を覆す新治療法です。

【発毛実感率99%】
AGA薄毛を改善したい方、自分に最も適しているものを選択したいという方は、発毛実感率99%のオーダーメイド処方のAGA治療薬がおすすめです。

まとめ

今、薄毛やハゲにお悩みの方、市販の育毛剤や治療薬など自力では上手くいかなかった方は、信頼と実績のあるAGAクリニックのご利用がオススメです。

東京都新宿区の方向けはじめてのAGA治療Q&A

AGA治療を考えているが一歩踏み出せないという方、病院選びで後悔したくない方、まずはAGAクリニックの処方薬や治療法・費用について知ることが重要です。AGA治療に関係した様々な情報をQ&A方式でご紹介します。

Q.M字ハゲにも効果はありますか?

A.症状の進行度に応じて効果が現れます。

AGAは症状が進行すればする程、治療が難しくなりますが早く治療を開始することで、改善が難しいとされる額・M字部分が改善した症例も多数あります。

Q.発毛の効果はいつ頃実感できますか?

A.3ヶ月~6ヶ月程度が目安となっています。

個人差はありますが、通常3~6ヶ月程度で効果を実感できる方が多いです。治療については、約6ヶ月~1年継続治療されることをお勧めします。

Q.AGA治療は一生涯続ける必要がありますか?

A.いいえ。

ただし、独自の判断による治療の中止は脱毛を引き起こす可能性があります。 医師の指導の下、治療止めても問題無しと判断されれば大丈夫です。

Q.タバコはやめた方がいいですか?

A.可能であれば止めることをおすすめします。

ニコチンによる血管収縮作用が頭皮への血流が低下させ、治療効果に影響が出る可能性があると言われています。 また、喫煙者と非喫煙者での発毛効果に差異があることが報告があります。

Q.AGA治療は健康保険の対象ですか?

A.いいえ。

自費診療のみです。厚生労働省の通達によって、薄毛・AGAの保険適応はなされていません。

Q.市販の育毛剤を併用しても大丈夫ですか?

A.医師にご相談ください。

クリニックで処方された外用薬と育毛剤の成分が化学反応を起こすと、アレルギーやかぶれなどの原因となる可能性があります。 併用される場合はAGAクリニックの専門の医師に相談されることをお勧めします。

東京都新宿区のAGAクリニックはこちら

マイシティクリニック
〒160-0022 03-3354-3411
東京都新宿区新宿3丁目25-10
新宿東口クリニック
〒160-0022 03-5366-3389
東京都新宿区新宿3丁目17-5
AGAスキンクリニック/新宿アイランドタワー院
〒163-1303 03-5909-4042
東京都新宿区西新宿6丁目5-1-3F
AGAスキンクリニック/東京新宿院
〒160-0023 03-3344-0372
東京都新宿区西新宿1丁目18-6-401

AGA治療の基礎知識コラム

一般に医療費の7割は健康保険で賄われるものです。
しかし厚生労働省の定める医療保険の適用範囲であれば患者は3割負担で済むのですが、AGAの薬はその中に入っていないため、男性型脱毛症の場合は保険適用外ということで10割を患者が負担することになります。



料金は治療次第でかなり差があるものですが、手堅く安くあげようと思ったらジェネリック医薬品を先発医薬品の代わりに服用することです。そしておそらく一番コストが高いのは植毛で、状態次第で数十万から100万円以上もします。


同じお金をかけるなら手っ取り早く効果が出るほうが良いけれども、今のところ植毛はしたくないという場合、AGAの治療方法としてオススメできるのは、病院でのメソセラピー治療があります。髪の発育に欠かせない成分を極細の針やレーザーなどを使って地肌に注入浸透させ、薄毛を早期解消するための施術です。価格的には極細針を使う施術の方が安いのですが、そのほかにノーニードル法といって針を使用しない方法もあって、部位によって使い分けてみることもありますし、もちろん投薬治療との同時進行も可能です。頭髪が新しく生えて成長してから自然に抜けるまでのフェイズをひとまとめにして毛周期といい、肌と同じターンオーバーの一種です。AGAを発症していない人の場合、もっとも毛髪の成長が著しい成長期が数年続き、成長速度が遅くなる退行期を迎え、成長が止まり(休止期)、最終的に抜け落ちます。

強いストレスを受けた場合やAGAを発症した場合はこの循環に狂いが生じ、1サイクルが短いものになってしまい、数年は保持されるはずの髪の多くが落ちてしまうため、抜け毛が増えてAGAらしい頭髪状態になっていきます。



長らく治療を続けていく中で、従来の生活習慣を見直すことは現在よりAGAの症状が進んでいくことを防ぐという意味で大切なことです。



育毛に良いとされている栄養素には良質なたんぱく質とミネラル、代謝を高めるビタミン、微量ながら亜鉛も大切です。



あまり神経質にならなくても構いませんが、これらを食生活の中で意識的にとるようにすると、髪の成長維持の心強い味方になってくれるはずです。


けれどもその量を増やすほどより一層の効果が出てくるという意味合いのものではないので、バランスの良さと長期間という2つが揃ってはじめて有効になると覚えておいてください。AGA治療に効果的とされている薬品にはプロペシアとミノキシジルという薬があります。

プロペシアは男性ホルモンの生成を抑制し乱れたヘアサイクルを改善する効果があります。一方、ミノキシジルには血行を促進する作用があり毛乳頭細胞や毛母細胞を活性化して発毛を促進する効果があります。

ただ、この2つの薬はどちらも発毛剤として開発された薬というわけではなくもともとプロペシアは前立腺がんの治療薬として、ミノキシジルは高血圧の治療薬として現在も使われています。両者ともに、薄毛改善効果や発毛促進効果があることがわかったため今ではAGAの治療薬としても処方されています。



いまの日本には男性型脱毛症(AGA)の人が1300万人弱とも言われています。この国の総人口を約1億2千万人とすると、10人に一人が男性型脱毛症(AGA)による薄毛に悩まされているといって間違いないでしょう。けれども総人口の内容にはAGAの対象とならない女性や子供も入っているので、よって厳密に「成人」であり「男性」の比率で計算した場合、もっと高い頻度で3人にひとりか4人にひとりは症状が出ているという結論になります。


AGAというのは遺伝により発症するものですので個人の体質に大きく左右されます。AGA治療は症状を食い止めたり改善するだけの対症療法なので薄毛が完全に治るというものではありません。

ですから、AGA治療を中止や休止すると再び進行しはじめてしまいます。
とはいえ、AGA治療薬も医薬品のため副作用の可能性は否定できませんので一生使い続けるというのも心配がありますしお金もずっとかかることになります。ですから、ある程度納得できるレベルまで薄毛が改善したと思ったらAGA治療を途中でやめるという判断をするのも必要です。

東京都新宿区の方向けAGA治療お役立ち情報

おすすめ1位のAGAスキンクリニック

新宿区でAGA治療するなら